マンション査定のチェック項目

マンションを査定のチェック項目として、どういった点が重視されるのかという点について知っておきましょう。
事前に重点ポイントを把握しておくと、安心してマンション売却まで作業をすすめていくことができます。

1)設備
マンションの設備のチェックは必須項目です。
築年数、部屋の向きや日当たり、バルコニーの有無や広さ、収納面積、セキュリティなど細かい内容が見られることになります。見た目の印象なども大切です。

駐車設備、駐輪設備は、駅近くでないかぎり交通手段を支える設備として重要ポイントです。専用庭など一階にある場合は、手入れを怠らずに整備しておきましょう。

2)管理
マンションの建物部分だけでなく、全体の管理状況は重要な査定対象です。
共用部分や外観など見た目として最初に目に入るところは、管理状況をチェックするために絶好の対象です。修繕積立金、管理費は、買い手にとっては必須の費用として発生するので関心のある項目です。

3)交通

交通の便など地理的な環境は、買い手が気にする条件の一つです。
用途地域、騒音問題など、買い手が注目する大きな要素となっています。
近くにスーパーやコンビニが、毎日の買い物が便利であるマンションは、買い手に好評価となる条件です。

4)景観
景観も重要な要素です。特別に景観が良いマンション価格にも影響を与えますので、アピールできる点は確認しておきたいものです。
査定をしてもらう業者選びのコツ参照:マンション売却・家の査定

マンション売却の交渉

マンション売却の交渉が進むと、買い手が物件を現地で見学する段階になります。
このときに、上手に物件の良さを伝えるために、アピールポイントを事前にまとめておきたいものです。

現地見学では事前に買い手が書類で確認できるような情報については、売り手は簡単な説明にとどめておきたいものです。
買い手は、購入を希望するマンション住民でないとわからないような濃い情報を知りたいのです。

例えば、駅からの距離は事前の書類や、見学の際に歩いて確認することができます。
しかし、雨の日に濡れずに帰宅できるルートや、買い物の便利情報などは、見学しただけでは分からない濃い情報です。
このような情報を紹介できれば、信頼度や物件に対する評価も上がります。

周囲の生活音に関しての情報は、注意しておきたい項目です。
上下左右の部屋からの物音はどの程度か、その時間帯と音の程度の情報を簡単に伝えるだけでも効果的です。
ペット可、ピアノ可のなどの物件の場合、ファミリー層向けのマンションで子供の声など多少の音は聞こえてくるものです。
このような状況を正直に伝えることが、売り手の誠実さとして買い手に伝わります。

大規模マンションであれば、共有設備が充実しており、絶好のアピールポイントとなります。
自分が普段利用していなかったとしても、実際にマンション売却の査定を試してみてアピールポイントとして買い手に伝えましょう。

マンションの売却を決意

マンションの売却を決意したら、実際の行動の第一歩として、まずは購入時の書類を整理することからはじめましょう。売買契約書や重要事項説明書など、当時の不動産取引の関係書類を保管できているでしょうか。何十年も前の書類ですと、紛失の可能性もありますので、早い段階で確認しておきましょう。

たとえば東京のマンション売ると決めた場合に、これらの書類が必須というわけではありません。
司法書士に売り主としての証明をしてもらえば、マンションの売却は問題なくできます。

書類を紛失してしまった場合のデメリットは、売却完了後の税金の計算方法にあります。
マンション売却により得た利益に対して税金が課税されます。

利益が出たのかという点は、マンションの原価を計算することでわかります。
原価計算の際に、購入時価格や諸費用の証明が必要です。

マンション購入時にもらった書類があれば、問題なく証明ができるので何も問題ありません。
しかし、関連書類を紛失していた場合、税務署が販売額から税金を計算してしまいます。このような場合、書類が揃っている場合と比べると税金は増える場合が多いようです。
したがって、不動産取引の際の関連書類は紛失しないように、まとめてしっかりと保管しておくことが肝要です。

売却の検討

売却の検討は、専門家の業者が何度も取引するのとは違い、個人で行う場合は不安がつきまといます。一般人であれば、土地売却をそうそう何度も行う機会もないので当然のことなのです。大きなお金が動き、法律など専門的な知識も必要になってきて心配事は尽きません。

ともすると近くの不動産屋さんに全てを委託してしまう選択肢もあります。しかし、損をしないためにも、査定金額の調査や比較など自分でできることは行っていきたいものです。

そのために、土地の査定依頼を業者に対して簡単にできる、土地売却のサイトをご紹介します。インターネットのサービスとして提供されていますので、パソコン利用のメリットを駆使することができます。物件の情報を、一度入力しておくことで、複数の業者に一括査定を依頼できます。

申し込みをすると担当者がつきます。土地売却や不動産取引の過程で疑問点などがあれば、質問をすることができますので、積極的に利用しましょう。

サイトの利用者からの口コミで、「売るときにどうしたらいいのかわからなかったが、担当者にいろいろ教えてもらえて助かった」といった声が寄せられています。担当者へ質問することが有用であることがわかります。

今回、「査定」という言葉を使いましたが、いわゆる見積もりの事です。土地の場合、多様な物件の条件を調査して金額を決定しますので、あえて査定という言葉を使います。土地売却の際には、何度も出てきますので覚えておくと良いでしょう。